安心して住める家

建物価格は3500万円、土地の価格は1400万円、太陽光発電、エネファームなどをつけて合計金額は5500万円でした。

 

家を建てる前はアパートに住んでいたのですが、家の販売チラシがよくポストに入っていて、月々の支払いが4万円や5万円で家を購入できると書いてありました。

 

家を購入すれば自分の財産になるし、アパートに住んでいるより月々に支払う金額が少ないなら早く家を購入した方がいいと思い、ハウジングセンターへ見学に行きました。

 

ハウスメーカーも工務店も両方見学しましたが、ハウスメーカーで建てた方がアフターケアをしっかりやってくれるので安心できると思い、積水ハウスで建てることにしました。

 

積水ハウス、ダイワハウス、トヨタホーム、アキュラホーム、一条工務店などどこの会社もそれぞれの魅力がありました。

 

予算の価格予定は4800万を想定していましたが、色々とこだわりたいところがあったので、結局5500万円になってしまい、予定よりとても高くなってしまいました。
ハウスメーカーと工務店が同じような間取りを作る場合、工務店の方が安い金額で提案してくれましが、ハウスメーカーの方が魅力的で、値段は高くなってしまいましたが満足した家を建てることができました。

 

外壁は「ベルバーン」という陶器の外壁にしました。壁の塗り直しの必要がなく、火に強いです。

 

間取りも南向きの日当たりのいい広いリビング、書斎を作ったり、ウッドデッキをつけたり、ベランダを広くしたり色々とこだわりました。

 

値段は高くなってしまったけど、工務店と比べると耐震性、外壁、気密性などすべてが良かったので納得して建てることができました。

 

家を建てたあともアフターケアをしっかりしてくれて、些細な質問も丁寧に答えてくれます。

 

気になる所があれば電話一本で家まで来てくれて、なおしが必要であればすぐに対応してくれます。

 

営業の方もアフターケアの方もとても親切なのでこれからも安心してずっと住むことができそうです。

念願のマイホーム

我が家は建ててからもう10年以上になります。

 

坪数37坪、建物価格2150万、土地価格1900万でした。

 

家を買うと決心したきっかけは、結婚してからずっと社宅暮らしをしていたのですが、小さなアパートのような社宅でしたので、子供たちも小学校にあがる歳になってきていましたのでそろそろ子供部屋が欲しくなる頃でしたし、結婚10年目ということで主人からのプレゼントという事でマイホームをプレゼントしてもらいました。

 

その頃、よく家族でモデルハウスに何度も足を運び、たくさんのハウスメーカーさんとお話しをしましたが、結局スーモカウンターで紹介してもらった、一番一生懸命我が家に通ってくださったハウスメーカーさんに建築をお願いしました。

 

当時、建物だけで予算2000万円以内を考えていて少し他のメーカーさんより高いなぁと思いましたが、地震に強い2×4材を使っての建築をしているメーカーでしたので予算よりは150万円のオーバーでしたが安全性を重視しました。

 

家の外観も内装や間取りもそんなに細かく打ち合わせしないでメーカーさんにほとんどお任せ状態でしたが、完成してみたら、やはりハウスメーカーは内装がとてもおしゃれです。

 

そして、間取りは家事がしやすく動きやすい水廻りだったりバリアフリーだったり、予想を上まわる出来でした。

 

それから、高気密高断熱でしたので夏はリビングのエアコン一つですぐに涼しくなりましたし、冬はFF暖房機一台で家中の二階までもが暖かく快適に過ごせます。

 

また家を建てて何年か後に大きな地震を経験しましたが、近所の家のほとんどでタンスが倒れたり、壁にヒビが入ったと聞きました。しかし我が家は娘が机に置いていた鉢花が一つ床に落ちただけでした。

 

ご近所あちらこちらで、家の修理をしていましたが我が家は壊れて修理するところはどこもありませんでした。あの時ケチらないで安全性にお金をかけたことは間違いなかったです。

 

そして、今でも相変わらず夏は涼しく、冬は暖かく快適な毎日をおくっています。